◆◇カーテンで彩のある生活を◇◆

どんな要望にも対応していきます!

どの家庭にもあるいろんなタイプたちのカーテン

家庭には必ずある、色もサイズも色んなタイプがあります。最近だとオーダーメイドという形で大きさ、色などの生地をお店で自分の目で見て注文することが出来ます。これだと、自分一つの物が出来るし、周りと被ることも少ないです。夏など暑い時期は、ブルー系の色にすると気持ち的にも涼しくなりますし、秋冬などの寒い時期は、ベージュ、茶系など暖かさが伝わるような色にすれば気持ちも暖かい感じになります。でも季節ごとにカーテンを変えるのは大変かもしれません。模様替えなどが好きで苦にならない人は良いと思います。部屋のイメージや雰囲気にも左右されるカーテンはお部屋にとって大事な部分です。家庭においても、全室同じ物に統一してる家庭もあれば、部屋ごとに違うものを付けていて、部屋ごとに個性が出ていたりしてオシャレです。気分転換をしたい時には、カーテンを変えるだけでも、部屋の空気も気持ちも変わって新たな気分になっていいと思います。

部屋ごとのカーテン選び

私の家のカーテンは家を購入した特典で付けてもらえました。生地や柄も選ぶ事ができたのですが、無料で付けてもらうため上限金額が業者の方に決められていました。余分にお金を払えば上限金額以上の物でも付けてもらう事はできたのですが、そこまでこだわりを持っていなかったので上限金額ギリギリの物を選ぶ事にしました。部屋によって色々と変えられるというので、2つある子供部屋は男の子の部屋はブルーにして女の子の部屋はピンクにしてもらいました。寝室だけは遮光カーテンにしたのですが、上限金額までの物となると選べる柄は少なく無難な物を選びました。小さな窓や縦長な窓には業者さんのお勧めのロールカーテンを付けてもらいました。私も初めて見る物だったのでこんな物もあるのかと驚いてしまいましたが、特に子供達の方が驚いていました。すぐに使いたがりしばらくは子供達のおもちゃにされていました。

インテリアのカーテン

カーテンはただ太陽の光を遮ってくれるものだけど思ってる人もいるとおもいますが、そのカーテン1つでお部屋の雰囲気が変わります。遮ってくれるものだけを探してつけると全然お部屋に合わなくなります。逆に部屋に合わせようとして光を遮らないもの買ってしまうとカーテンの意味がないと思います。そうならないためにも、買うときにはしっかり相談をして買ったほうがいいと思います。相談する人は家族に人たちでもいいし、仲の良い友達でもいいと思います。しかし、それでも失敗しそうな人は店員さんに聞いてしっかり相談したり悩んだりして買ったほうがいいと思います。また、友達や家族を連れて店員さんと相談してもいいと思います。しかし、値段も気にしながら相談したほうがいいと思います。値段を気にしなかったら後から後悔してしまう可能性もあると思います。ですから、しっかり自分の意見をもって相談して買ったほうがいいと思います。

Leave a Reply

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)