◆◇観葉植物で彩のある生活を◇◆

耐陰性がある観葉植物

カーテンの機能は進化しているようです

カーテンを窓などに付ける目的は、日よけ、遮光や目隠しだと思います。一戸建ての住まいにしても、マンションの部屋でも、カーテンなしでの生活は考えられないと思います。あって当たり前のものなので日頃はその存在を意識しないですが、かなり役立っているものですね。日よけ、目隠し以外でも、冬には外の寒さを防いでもくれます。最近知ったことなのですが、近頃は、防音や紫外線カットの機能もあるものがあるようです。薄い素材で部屋が暗くならずに紫外線を防いでくれるとは、とても便利でいいです。また、目隠しという機能も、やはり薄い素材で機能が格段にアップしているものも登場していると聞きました。高機能のカーテンには心惹かれます。個人的には紫外線をカットしてくれる機能に惹かれます。東南側の窓から徐々に変えていきたいと考えています。

麻の素材が入った個性的なカーテン

オリジナル家具の専門サイトで、お洒落なカーテンを見つけました。レースとセットになっているものなのですが、とても清楚で美しい印象なんです。ですから、日の光を浴びた瞬間に、お部屋がパッと明るくなる感じです。もちろん、外からの光もちゃんと入りますし、これなら読書も自然な明かりのもとでできます。とはいえ、麻が加えられた不思議な質感の素材を使っているので、太陽の光はちゃんと和らげてくれるのが特徴です。ですから、お肌にも良いのだと思います。生地がナチュラルで温かみがあるから、ラタンやヒヤシンスといった自然素材の家具との相性も良さそうです。私はお部屋をモダンアジアンな雰囲気で統一しているので、麻という素材をカーテンに使っているのが一番気に入っています。少し珍しいとは思いますが、それがまた自慢で、友人を家に招くのが楽しみで仕方ありません。

カーテン選びは基本を知ることが大切

私はこれまでカーテンは部屋の色使いだけで選んでいました。しかし先日、とある雑誌のインテリア特集を読んでいたら基礎知識が掲載されていて、選び方は色だけではないという事実を知ってしまいました。書いてあることが何もかも全く知らないことばかりだったので、とても勉強になったのですが、カーテンの選び方は色使いや生地や素材だけでなく、お手入れの仕方や光や紫外線を通すかどうかなど、本当に色々とあるようです。また、今までそれほど気にしていなかったお部屋との相性も勉強になりました。色が合う合わない以外にも、光や部屋の明るさのことで相性があるなんて、本当に驚いてしまいました。カーテンは一度買うと、次に買うまでは5年や10年ということは当たり前です。だからこそ、しっかりと知識を身に着けて自分の部屋の環境にあったものを選びたいと思います。

Leave a Reply

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)